小椋佳の病気は胃がん?結婚?息子は?次男は職人?

小椋佳の病気は胃がん?結婚?息子は?次男は職人?

WS000235

小椋佳?知らねぇって?よっしゃ、じゃあ、早速解説授業をやっちまおうじゃねーか。

結構色んな人の楽曲を提供してるんだけど、有名なところでは、美空ひばりの「愛燦燦」なら知っている人も多いんじゃねぇかな?

ミュージシャンとして活動してんだけど、いきなりそれ1本でやってたってワケじゃねぇよ。

この人、東大の法学部を卒業・・・そう、東大の法学部ってい言えば、日本を動かしている政治家センセーどもや、官僚どもにも出身者がわんさかいるって感じの東大だ。

そんなアタマがキレキレのスーパーエリート養成所である東大の法学部卒業して銀行員になるワケだ。

つまりエリートコース街道まっしぐらかどうかはわかんねぇが、今の人間としてはスーパーに安泰なレールに乗ってたってワケ。

ただ、ここで普通とは違うのが、銀行員とミュージシャンって言う2足のワラジをしていたってことだ。

銀行マンとしてどんな役割をしてたかってーと、企画次長、浜松の支店長に本店の財務サービス部長・・・ちょっとしたリアル半沢直樹的ワールド。

あのドラマ見た後で銀行って言うと、きっと、出世や金とか人間の欲望全開のドロドロしたした人間模様の世界を渡り歩いてきたんだろうなって勝手な想像しちまうよ。

10倍返しだのしたら、それこそ100倍返しになってTHE ENDってなって感じでドラマみたいに痛快劇にはなんねぇんだろうけどな。

ま、そんな銀行マン辞めちまったあとも、また東大の文学部に在籍しながら音楽活動して後にミュージシャンとして一本立ちするって言う経歴をたどるワケだ。

大体、社会で名を馳せるっ人ってのは、自分の必要なモン得たらサッサと行動してドンドン進化、また新しいものに出会って体験を武器にして、日常になったらまた次へ行くって感じだ。

世界が常に動いているのに自分も動かなきゃ死んじまってんのと同じ、どうせなら価値ある人生にしなきゃな。

 

プライベートではは塚原佳穂里さんっていう人と結婚するんだけど、ちょっといい感動のドラマみたいなんがあるんだよ。

そもそも彼は、小学生時代は勉強嫌いの落ちこぼれだったみたいだけど、初恋の相手である奥さんに勉強で追いつくために勉強しまくって、そして東大に行っちまうほどの優等生に化けちまったってワケだ。

一度目の大学の時に念願かなって交際スタートなんだが、急に別れを切り出されちまうが、福島の地で奥さんと再会、その後、結婚したってね。

小学生の時の同級生にして、初恋の相手を人生の伴侶とするなんて、まるで青春ドラマみてぇじゃねーか?

人を好きになるパワーって言ったら恥ずかしく思っちまう人もいるんじゃないかと思うが、これって実際あるもんなんだな。

それでもって、小椋佳は芸名で本名は神田紘爾(かんだこうじ)っていうんだが、

この芸名は、この福島で下宿していた農家の人の苗字が「小椋」さんで、奥さんの「佳」を取った付けられた芸名、つまりこの様々な偶然の出会いで小椋佳ってミュージシャンは生まれたってワケだ。

 

子供は2人いて、長男は自分のプロモーション会社の取締役、次男は全国に2人しかいないと言われている琵琶製作者の神田宏司って言う人だ。

次男は中学生に若年性脳梗塞で体が不自由になったんだが、小椋佳の誘いで琵琶を習いに行ったのをキッカケに琵琶製作者になったんだって。

近年の琵琶製作者は1人だったんだが、その1人に弟子入りして独立、2人目の製作者になったんだ。

どこに縁があるか、ホント、わかんねぇよな。

だって、たまたま習わねぇか?って誘い受けて行ってなきゃそんな道なんて素通りどころか、ある事すら知らなかったワケだ。

職人って人らは、自分を追い込んで追い込んで、感性と感覚を集中しまくって技術と人間性を磨く努力の天才だと思う。

左官屋の知り合いがいるんで体験させてもらったことがあるんだけど、、セメントこねて単にセメント塗ってコテで均して簡単そうだと思った自分が恥ずかしかった。

全然均一にならねぇんだよ、ホントに・・・初心者にしては結構良いよって言われたけど、練る時も気温や湿度で分量も変わる、擦り付けて均す技術だって違う。

あぁ、やっぱり職人ってこれに命かけて信頼を得てるんだって改めて勉強させてもらった。

そう考えたら、体が不自由だからこそ、努力とか信念は一般人の想像を遥かに超えて絶するモノがあったってことだよ、本当に凄い・・・この凄いって一言しか出てこない。

パワーってのは、感謝に信念や執念とかさ、目に見えないけど強力に物事を成し遂げれるモンになれるんだよってことだ。

オレもやりたい事、まだまだあるから、信じて努力してやるぜ。

 

ネットを見てたら、病気ってキーワードがあったんで、気になって見てみたら、57歳の時に胃がんを発症して手術していたってさ。

しかも、たまたま見た書類に胃がんって書いてたから自分の病名がわかったって言うんだよ?俺だったら目の前が真っ暗になっちまうよ。

ところで病院、特に入院している人がいる病棟ってさ、独特の匂いがするんだけど、アレ、俺が思うに病の匂いじゃないかなって思う。

別に全然平気な匂いなんだけどさ、なーんか気になっちゃってね。

昔、病院で事務職してたんだけど、受付とかは、あの独特の匂いってあんまりしないんだけど、入院患者さんのいる病棟なんかだとスゴく強く感じてしまうんだよね

俺、ちょっとバカだから気のせいで勘違いな持論みたいなものかもしんないけどね。

そういえばバカにつける薬はねーよって言われた事あったけど、アレ、本気だったんだろうか?

そうそう、話をもどして胃がんって自覚症状が少ないらしく、激痛になったらもう遅いって言われてるんだが、先生によってはそうでもないらしく、その時点でならまだセーフらしいぜ。

なんにせよ、早期発見が大事だからさ、ガンってやつは。検診、しっかりうけねぇとダメだぜ。

まぁ、その胃がんの手術も無事に終わって元気なんだけどさ、命があるからポジティブなんだろうね。

もともと糖尿病を患ってらしんだけど、このおかげで食事制限ができて糖尿病の心配がなくなったから寿命伸びて助かったなんて言ってしまうんだぜ。

こんなジョークも言えちまうのがカッコイイし、大きく成功する人間のとしての色んな「強さ」ってものに現れているんだろうな。

そんなバイタリティあふれる小椋佳さんの活躍、もっと期待しましょうよ!

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す