大地真央の旦那は森田恭通(もりたやすみち)!職業と年収は?

大地真央の旦那は?森田恭職業と年収が気になる!?

WS000587

独特な雰囲気のある大地真央さん。

ちょっと天然っぽいイメージがありますよね。

そんな現在は大女優の大地真央さんと一緒になっている旦那さんって気になりませんか?

大地真央さんの元旦那は俳優の松平健さんというのはあまりにも有名です。

WS000401

1990年に結婚をしましたが、お互いの仕事が忙しさによるすれ違い2004年に離婚しました。

ただ気になることがあって、離婚の原因はもう1つは大地さんが元光GENJIの赤坂晃さんとの不倫とも言われています。

当時の赤坂さんも一般人と結婚していたのでW不倫になります。

今の芸能界の流れから言うと、ネットで叩かれてしまうようなスキャンダルですよね。

このとはフライデーに現場を押さえられていたことで発覚。

この報道があった時は、松平さんとはすでに仮面夫婦だった状態とはいえ、共演して赤坂さんを舞台の流れで部屋に入れるのは完全にアウトですよね。

その後に離婚になったので、この不倫騒動がキッカケの1つになったことは間違いないでしょう。

もともと冷め切った関係でしたから、いつ離婚してもおかしくない状況です。

ひょっとしたら、離婚をしたいと思っていた大地さんが理由を作るために騒動を起こそうとしたとか・・・

あくまで推測ですよ。

もし仮にそうだったとしたら、本当に「女優」としか言いようがありません。

2人には子供はいませんでした。

松平さんとの子供がいたら、すれ違いや不倫もせず違った方向に進んだのかもしれません。

現在の旦那さんとの馴れ初めと結婚

WS000400

離婚から3年後の2007年に森田泰通(もりたやすみち)さんと再婚をします。

旦那さんとの年齢差は12歳。

慣れ締めが気になるところです。

現在の夫である森田恭通さんとは2006年の12月に8人ほどのグループの中で出会い、3回目にあったときに「結婚を前提としたお付き合いを」と告白されたそうです。

大地真央さんは「お友達からなら」ということで、交際をスタート。

大女優の大地さんにアタックするなんて、かなり勇気のいることだったでしょう。

2007年にフランス・シャンパーニュ地方の教会で挙式しました。

そのご縁もあって、親善大使になっています。

ジャンルは違いますが、女優にしてもデザイナーにしても感性が命なので、旦那さんの人間性はもちろん、感性がにていたのかもしれません。

旦那さんの職業はデザイナー

旦那さんの職業は、インテリアデザイナー。

国内だけかと思いきや、

日本のみならず、アメリカや中国など、海外でも活躍されている方です。

特にデザインしたものでで有名なのは、

代表的なものに、東京の伊勢丹店内や、国会中央食堂、ニューヨークMEGU

香港にあるW hotel HONGKONGなどが挙げられます。

国内だけではなく、海外でも評価の高い森田さんは、本当に大活躍されているデザイナーなんですね。

ところが、ビックリしたことに実はデザイナーとしては素人に近い状態でした。

森田恭通さんは、学校でインテリアデザインを学んだわけではなくて、ただのおしゃれファッション好きだったそうです。

イメージを「VOGUE」や「ELLE」から切り抜いて、組み合わせて、内装業者さんたちに伝えて作業したそうです。

専門的な勉強をしていないので、苦労もあったのでしょう。

それをカバーできたのは、イメージをわかりやすく表現するための手段を持っていたからだと思います。

もともと持っていた素質と才能があったのは間違いないでしょう。

因みに余談ですが、西川史子さんが離婚後に住んだ自宅のマンションの

イテンリアを手掛けられたのも森田さんです。

 

気になるその値段は内装だけで4000万という高額なものでした。

WS000402

西川史子さんも幼い頃から、良いものに囲まれて生活してきたお方でしょうから、一流のプロの方にと思ったのでしょう。

自宅も森田さんのアイデアが取り込まれているようです。

 ふたりの住居は、夫の森田恭通さんのデザインによるもの

インテリアデザイナーをされているのですから、相当なこだわりが有ることには間違いありません。

デザイン料はかかりませんからね。

値段以上の価値があるような家具など、きっと自宅には並んでいるのでしょう。

気になる年収は?

森田さんの年収ですが、芸能界の方ではないので金額が算出されにくく、こればかりは本人でしか分かりません。

過去に一度雑誌のインタビューで年収は1億円以上あると答えてるそうなんですが、その時のデザインをする規模や量でも変わってきます。

この値段は森田さんのブランドとしての価値でしょうね。

知名度が上がれば上がるほどデザインの金額も上がってくるので、今後は現在より年収も上がっているかもしれません。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す