橋幸夫は離婚危機?息子の龍吾は?現在の活動は?

橋幸夫は離婚危機?息子の龍吾は?現在の活動は?

WS000383

初代御三家の1人、橋幸夫さん。

世代の人にはアイドルのような存在の人ですが、若い人に知らない人も多いでしょう。

プライベートがあまり知られていない橋さんについてまとめてました。  

凡子さんとの結婚

橋さんは、1971年、 元日本航空の国際線客室乗務員だった、 橋凡子(はし なみこ)さんと結婚されています。

WS000417 

若々しくてパワフルな感じがしますね。 若い頃はキレイだったのではないのでしょうか。

奥さんは、1970年に日本航空を退職され、 結婚後は、専業主婦になられたようですが、 1982年から1985年まで、 フジテレビのワイドショーの司会を担当。 その後は、エッセイスト、作詞家として、 活動されています。

タレントや文化人のような活動をしているようですね。 器用で頭の良い人なんだと思います。 きっと、橋さんの方が惚れてアタックしたパターンでしょう。  

子供は2人いてます

お子さんは、 1974年に、女の子、 1977年に、男の子が誕生しているようで、 息子さんは、以前、俳優として活動されていた、 橋龍吾(はし りゅうご)さん

 WS000384

息子の龍吾さん、かっこいいですね。

今でいう斎藤工さんなどの、色気のある俳優さんに見えます。

1997年にドラマ「踊る大捜査線」を出演されて、その後もコンスタントにドラマに出演していました。

でも、2005年を最後に芸能界での活動をしていません。

2世タレントは親の影響が強すぎて、成功しにくいと思います

売れとも売れなくても、常に「偉大な親」というのは切り離せません。

相当なプレッシャーから芸能活動を中止したのでしょうか。

現在は、作家の活動をしているようです。

上の娘さんは、弁護士活動をしているみたいです。 母親がCAだったということもあって、堅実な道を選んだのでしょう。

 熟年離婚の危機があった

子供にも恵まれて、夫婦仲も良い橋さんですが、離婚の危機がありました。

30年目のときに、このままなら別れるって宣言されちゃいましてね。夫婦っていうものをどう考えてるのか、これからの生き方をどうするつもりかって、質問状を突きつけられたんですよ。このときばかりは、女房と1年間命がけで話し合いました。

 まさかの熟年離婚宣言には驚いたことでしょう。 長い間を一緒にしてきたのに、1年もの長い話し合いへとなったのは、長年への不満があったようです。

家庭を顧みず、外食、お酒、ゴルフと、 しょっちゅう出歩いていたそうで、 その間、子育てや、認知症になった、 橋さんのお母さんの世話まで、 奥さんが一身に引き受けてくれていた。

 昭和の男の芸能人そのものですね。

子育てだけでも大変なのに、他人でもある旦那のお母さんの介護は大変だったことでしょう。

完全に家のことを奥さんにまかせっきりで、家庭を大事にしてこなかったことが原因だったんですね

定年退職をキッカケに、離婚を切り出される男の人多くは、仕事をして家の中の状況を見ていないことが多いと思います。

いずれにしても、家庭のことをないがしろにしてきたツケは間違いありません。

確かに、黙って子どもは育つわけじゃないですから、それを言われると男としては弱い。「ああ、オレは父親として失格だったかな」って、大いに反省して、ざんげして、謝った。それでなんとか踏みとどまったわけです。やっぱり男が謝んないとダメですね。

話し合いの中でいろいろ見えてきて自分で反省する部分がわかったから素直に謝れたのでしょう。 このまま離婚すると、迷惑をかけたり失うモノの大きさに気付けたことが一番だと思います。 危機を乗り切った現在では、夫婦仲も元通りになって円満のようですね。

現在の活動は?

移り変わりの多い芸能界の第一線で活躍している芸能人はほんの一握りです。

最近はテレビで橋幸夫さんを見る機会も減ってきているのが現状だと思います。

確かに、芸歴の長い橋さんですが、メディアなどの表舞台で見かけることは正直に多いとは言えません。

テレビに出演する機会が減ったのは、おそらく橋さんの世代が出演するような歌番組自体が少なくなっているからでしょう。

不定期に放送される歌謡祭も、比較的若い世代のJ-POPがほとんどですものね。

テレビに出ていないと、どうしても存在感がなくなってしまった影響はあると思います.

ただ、今でも全国で精力的にコンサート開催したり、CDも定期的に出したりしているようですね。

テレビの出演が全くないことはなくて、懐メロの歌番組では見かける機会もあります。

まだまだ、元気なので、これからもファンを大切にしながら歌を届けて欲しいと思います。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す